最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫)

  • 76 読みたい
  • 85 現在読んでいるもの

発行元 山本巧次 .

    Download 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫) 無料で, 本の無料読書 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山本巧次
    • レーベル:  宝島社文庫
    • シリーズ名:  大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう
    • 発売日:  2020年10月06日
    • 出版社:  宝島社
    • 商品番号:  7225000113303
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    佐久間由衣主演で『時空探偵おゆう 大江戸科学捜査』としてドラマ化もされた<大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう>シリーズの最新作! 貧乏長屋に小判が投げ込まれるという奇妙な事件が起こる。江戸と現代で二重生活を送る十手持ちの女親分・おゆうこと関口優佳は、かの有名な鼠小僧の仕業かと色めき立つが、出現時期が史実と食い違っていることに困惑する。そんな折、おゆうたちは旗本の御用人から内々に相談を持ち掛けられた。ひと月前に賊が屋敷に侵入し、金二十両と刀一本を盗まれたというのだ。持ち去られた脇差は、妖刀「千子村正」だという。科学分析ラボの宇田川も江戸にやってきて、おゆうは鼠小僧の正体と村正の行方を追いかけるも、事態は長屋の浪人殺しに発展し……。

あなたも好きかもしれません

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 妖刀は怪盗を招く (宝島社文庫) by 山本巧次 ダウンロード PDF EPUB F2