最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書)

  • 60 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 更科功 .

    Download 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  太田博樹
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2018年05月25日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591217403590
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    近年、世界中の人類集団の遺伝子のバリエーションについて大規模な研究が数多くなされている。そうした中、中央アジアから東アジアにかけてチンギス・ハンの持っていたY染色体のタイプが爆発的に拡散しているという仮説が提起された。本書ではこの仮説を追うことを糸口として、遺伝子の研究方法から、人類の祖先の辿り方、進化と遺伝の捉え方まで、ゲノム時代にわれわれのルーツを追究する意義について、縦横無尽に解説する。

あなたも好きかもしれません

遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) by 更科功 ダウンロード PDF EPUB F2