最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻 (時代小説文庫)

  • 70 読みたい
  • 90 現在読んでいるもの

発行元 小杉健治 .

    Download 天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻 (時代小説文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻 (時代小説文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻 (時代小説文庫) 無料で, 本の無料読書 天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻 (時代小説文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻 (時代小説文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小杉健治
    • レーベル:  時代小説文庫
    • シリーズ名:  浅草料理捕物帖
    • 発売日:  2021年01月15日
    • 出版社:  角川春樹事務所
    • 商品番号:  4910000139843
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    菊屋橋のたもとには屋台天ぷら屋『天海屋』がある。店主の弥吉は十四歳のとき、客の男にてんぷらを食べさせてもらい、母親の薬代金を恵んでもらった。弥吉は十年前の恩人を探すため、屋台を先代から引き継いだ。そして遂にその男が再び客として現れたが、喜久次と名乗った男は、欄干の柱頭で手についた油を拭き取った。下品な仕草に眉をしかめたところへ、文蔵の手下の孝助が、押し込みについて聞きにやってきた。弥吉は恩人へ疑惑をもちはじめ、それは孝助の実家だった名店『なみ川』の取り潰し事件の謎へも繋がってくるのだがーー。読んで美味しくスリリングな江戸料理小説、いよいよ佳境へ。待望の第四弾の登場!

あなたも好きかもしれません

天ぷら擬宝珠 浅草料理捕物帖四の巻 (時代小説文庫) by 小杉健治 ダウンロード PDF EPUB F2