最後に編集されたのは 管理者
26.11.2020 | 歴史

フランス日記 日々ごはん特別編

  • 98 読みたい
  • 66 現在読んでいるもの

発行元 高山 なおみ .

    Download フランス日記 日々ごはん特別編 本 Epub や Pdf 無料, フランス日記 日々ごはん特別編, オンラインで書籍をダウンロードする フランス日記 日々ごはん特別編 無料で, 本の無料読書 フランス日記 日々ごはん特別編オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 フランス日記 日々ごはん特別編 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  高山 なおみ
    • シリーズ名:  日々ごはん
    • 発売日:  2015年11月19日
    • 出版社:  アノニマ・スタジオ
    • 商品番号:  4524877586320
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人気シリーズ『日々ごはん』の番外編、フランス旅日記。2005年4月、高山さんは初めてのフランスに旅立ちます。見る、聞く、食べる、肌で感じ取り、匂いで記憶する。五感フル稼働の、でこぼこごつごつ、高山流の旅日記。カラー写真多数収録。


    日々ごはんが旅に出ました。『日々ごはん』(1)~(12)の続きは、『帰ってきた日々ごはん』として2015年発売。


    <ある日の日記より>

    マルシェはすごかった。とにかく野菜がいきいきと暴れているように並んでいる。魚介屋も、ハムやソーセージ屋、フロマージュ屋も、どこもとても新鮮そう。アジアの市場しか知らない私には、それが不思議だった。市場と呼ぶにはあまりに清潔だし、いきいきと光っている。アジアでも日本でも、市場に行くたびに私が感じるのは、新鮮さとは裏腹にあるもの。つまり、腐ったりゴミになっていく食材や、ぬかるんだ道端のことだ。人が生きたり死んだりするのとそっくり同じことが、目の前にぶちまけられているようで、無神経ともいえるそのたくましいパワーにいつも私は負ける。でも、ここにはそういうものがまるで見えないし、匂いもしない。これがヨーロッパ文化なのだろうか。

あなたも好きかもしれません

フランス日記 日々ごはん特別編 by 高山 なおみ ダウンロード PDF EPUB F2