最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

この空のずっと向こうに

  • 1 読みたい
  • 95 現在読んでいるもの

発行元 ベリショーズ編集室 .

    Download この空のずっと向こうに 本 Epub や Pdf 無料, この空のずっと向こうに, オンラインで書籍をダウンロードする この空のずっと向こうに 無料で, 本の無料読書 この空のずっと向こうにオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 この空のずっと向こうに 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  多部良 蘭沙
    • 発売日:  2020年07月28日
    • 出版社:  ぶらんく堂書店
    • 商品番号:  1230003005606
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「どうして運命の相手が、友達のお母さんなのだろう?」


    小学五年生の元気は、山岳文学が好きな車椅子の同級生、篤との友情を育む一方で、その母親・賀代と相思相愛になってしまったことを悩んでいた。そんなとき、篤が日本でいちばん低い山への登頂をめざすと宣言してーー


    人生という名の登山に挑戦するすべてのひとに贈るラブストーリー。


    (400字詰原稿換算枚数456枚)


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    本書はつぎのような方にオススメします


    ・児童文学ではなく、大人目線で書かれた少年の物語にふれてみたいと考えている方


    ・なぜ、ひとには運命が待ち構えているのか? 赤い糸とはそもそも何なのかについて知りたいと考える方


    ・障害者を応援したい方


    ・安っぽい恋愛小説は嫌いだが、ラブストーリーは嫌いでないという方


    ・ただおもしろいというだけではなく、学びもある読書体験をお望みの方


    ・純文学は格調が高すぎるが、かといってエンタメ小説は間口が広すぎると感じる方


    ・商業出版された有名作家の作品に飽きてしまい、冒険を望まれる方


    ・作者の情熱が感じられる作品に触れてみたいと考えている方


    ・お手頃価格でも、しっかりと読み応えのある長編小説を手にとってみたいと考えている方


    ・適度に独創性があり、この作者でないと書けないと思わせられる作品をお望みの方


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    著者紹介


    兵庫県西宮市生まれ。20歳から小説を書き始め、これまで執筆した作品は20本以上で、その大半が長編。なかには原稿枚数2100枚の大長編も。毎日、小説を書くことにエネルギーを費やしているが、印税生活を夢見たことは一度もない。「金銭を得る手段として作品を書いているのではない。ただ、ひたすら書きたくて書いている」のであり、「商業主義に身を落とした作品は、もはや文学ではない」が信条。よって、売れ筋の小説はほとんど読まないが、かといって娯楽性をないがしろにはしない。


    「読者に楽しく読んでもらえそうにない作品は、けっして出版いたしません」


    作家ネームの多部良(たぶら)蘭沙(らさ)は、ラテン語のtabula rasaに由来し、その意味は、〈何も書かれていない石版〉すなわち〈白紙〉を意味する。「私にとって小説とは、何も書かれていない紙に自由に書いていいもの」の意。

あなたも好きかもしれません

この空のずっと向こうに by ベリショーズ編集室 ダウンロード PDF EPUB F2