最後に編集されたのは 管理者
28.11.2020 | 歴史

天使の囀り (角川ホラー文庫)

  • 78 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 我孫子武丸 .

    Download 天使の囀り (角川ホラー文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 天使の囀り (角川ホラー文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 天使の囀り (角川ホラー文庫) 無料で, 本の無料読書 天使の囀り (角川ホラー文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 天使の囀り (角川ホラー文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  貴志 祐介
    • レーベル:  角川ホラー文庫
    • 発売日:  2013年05月31日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330024310000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医。恋人の高梨は、病的な死恐怖症(タナトフォビア)だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンでいったい何が起きたのか? 高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか? 前人未踏の恐怖が、あなたを襲う。

あなたも好きかもしれません

天使の囀り (角川ホラー文庫) by 我孫子武丸 ダウンロード PDF EPUB F2

日常にちょっと気持ち悪い感じと、不安感と、人間の変化が読んでいくうちに気持ち悪気持ちいい感じでした。
最初は軽い話のつまらない結末かと思って読み進めていくうちに、全てが納得いくどんでん返しが待っていました。
映画化されたら傑作になりそうですが、原作を脚本に代えるのが半端なく大変そうですね。