最後に編集されたのは 管理者
26.12.2020 | 歴史

経営とサイバーセキュリティ デジタルレジリエンシー

  • 37 読みたい
  • 51 現在読んでいるもの

発行元 玉川 憲 .

    Download 経営とサイバーセキュリティ デジタルレジリエンシー 本 Epub や Pdf 無料, 経営とサイバーセキュリティ デジタルレジリエンシー, オンラインで書籍をダウンロードする 経営とサイバーセキュリティ デジタルレジリエンシー 無料で, 本の無料読書 経営とサイバーセキュリティ デジタルレジリエンシーオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 経営とサイバーセキュリティ デジタルレジリエンシー 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  横浜信一
    • 発売日:  2018年03月16日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660000265130
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    企業が被るサイバー犯罪の被害総額は世界で推計47兆~63兆円。デジタルビジネスに取り組む中で、経営者はサイバーリスクとどう向き合い、どうマネジメントしていくべきかーー。100%の防御が不可能となった今、身代金を要求するランサムウエア「WannaCry」をはじめ、大量の情報漏洩を企む標的型攻撃、一瞬にして数億円を横取りするビジネスメール詐欺など、様々なサイバー脅威が企業を襲っている。一方で、サイバーセキュリティは新旧・複数の技術に横断するだけでなく、政治や犯罪、国内外での企業の連携など様々な要素が複雑に絡み合っている。結果として、サイバーセキュリティは多くの経営者にとって、とっつきにくいテーマになっている。政府が「サイバーセキュリティは経営リスク」と叫んでも、実態として新しいリスクのコントロールは難題のまま横たわっている。本書はサイバーセキュリティに問題意識を持ちながら、複雑さゆえにとっつきにくさを感じている経営者に向けた「経営書」である。筆者の横浜氏は通商産業省(現経済産業省)からマッキンゼー日本支社に転じ、現在はNTT持株会社でサイバーセキュリティのスポークスパーソンを務めている。18年間に及ぶマッキンゼー時代のコンサルティング経験と、現職での国内外のサイバーセキュリティ関連カンファレンスでのパネリストなどを通じた幅広い見識とを組み合わせ、筆者は様々なサイバーセキュリティの課題を経営者目線で解説する。サイバーセキュリティでマネージすべきリスクはデジタル化したコーポレートリスクである。新たなリスクに向き合う経営者にぜひ読んでいただきたい。

あなたも好きかもしれません

経営とサイバーセキュリティ デジタルレジリエンシー by 玉川 憲 ダウンロード PDF EPUB F2