最後に編集されたのは 管理者
22.12.2020 | 歴史

真実 (文春e-book)

  • 75 読みたい
  • 33 現在読んでいるもの

発行元 石井妙子 .

    Download 真実 (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 真実 (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 真実 (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 真実 (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 真実 (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  赤木雅子, 相澤冬樹
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2020年07月15日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005845
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    衝撃を与えた週刊文春での手記公開 。総理夫人らの関与を消すため行われた公文書改ざん。懊悩の末に死を選んだ近畿財務局職員の妻と、事件を追う記者が問いかける真相。


    本書は、夫を理不尽に失った赤木雅子さんが国などを提訴、俊夫さんの手記の公開に至るまでの怒り、迷い、葛藤を率直に綴った「手記」と、事件を発覚当初から追い続けてきたジャーナリスト・相澤冬樹氏による「同時進行ドキュメント」で構成されている。


    「最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ」

    (赤木俊夫さんの遺書より)

    森友事件の渦中で、総理夫人らの名を隠蔽するために公文書の改ざんを命じられ、懊悩の末、2018年3月、自ら命を絶った近畿財務局職員・赤木俊夫さん。享年54。

    2020年3月、赤木さんが遺した痛切な手記が週刊文春で公開され、大きな反響を呼んだ。妻の赤木雅子さんは真実を明らかにするため国などを提訴。事件の再調査を求めて行った署名活動には、35万を超える賛同が集まった。

    まだ、事件は終わっていない!

あなたも好きかもしれません

私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ? (文春e-book) by 石井妙子 ダウンロード PDF EPUB F2