最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

加害者家族バッシング 世間学から考える

  • 9 読みたい
  • 88 現在読んでいるもの

発行元 鴻上尚史 .

    Download 加害者家族バッシング 世間学から考える 本 Epub や Pdf 無料, 加害者家族バッシング 世間学から考える, オンラインで書籍をダウンロードする 加害者家族バッシング 世間学から考える 無料で, 本の無料読書 加害者家族バッシング 世間学から考えるオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 加害者家族バッシング 世間学から考える 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐藤直樹
    • 発売日:  2020年10月02日
    • 出版社:  (株)現代書館
    • 商品番号:  9784768440223
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    なぜ日本では加害者家族が責められるのか?


    欧米(特にキリスト教国)では、加害者家族がバッシングされることはあり得ない。何故、日本では加害者の家族が世間からバッシングを受け、時には自死に至るまで責められるのか。本書では世間学の観点に立ち、加害者家族へのバッシングの構造を、1「世間」の構造、2なぜ、〈近代家族〉が定着しなかったか、3なぜ、犯罪率が低いのか、4なぜ、自殺率が高いのか、という角度から解き明かし、その背後にある、ニッポンの「世間」の閉塞感・息苦しさ・生きづらさを解除するための手がかりを探る。


    【目次】

    はじめにーーなぜ、加害者家族問題なのか

    第1章 ニッポンにしかない「世間」ーー世間学の概要

    第2章 親(家)は責任を取れーーニッポンにおける〈近代家族〉の不在

    第3章 安全・安心の国ニッポンーー同調圧力のつよさとケガレ

    第4章 死んでお詫びしますーー「高度な自己規制」の異様さ

    おわりにーー「自分は自分。他人は他人」と考える


    【著者】

    佐藤直樹

    1951年、仙台市生まれ。新潟大学人文学部法学科卒。新潟大学大学院修士課程修了。

    九州大学大学院博士後期課程単位取得退学。

    1999年、「日本世間学会」創立、初代代表幹事。九州工業大学名誉教授。

あなたも好きかもしれません

加害者家族バッシング 世間学から考える by 鴻上尚史 ダウンロード PDF EPUB F2