最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史 (講談社学術文庫)

  • 90 読みたい
  • 28 現在読んでいるもの

発行元 網野善彦 .

    Download 西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  阿部謹也
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史
    • 発売日:  2014年10月24日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000018665
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    エッダ、サガに登場する粗野でたくましい死者のイメージは、中世後期の『黄金伝説』『奇跡をめぐる対話』では、生者に助けを求める哀れな姿となる。その背景には何があったのか? キリスト教と「贖罪規定書」そして告解の浸透……。「真実の告白が、権力による個人形成の核心となる」(M・フーコー)過程を探り、西欧的精神構造の根源を解き明かす。(講談社学術文庫)

あなたも好きかもしれません

西洋中世の罪と罰 亡霊の社会史 (講談社学術文庫) by 網野善彦 ダウンロード PDF EPUB F2

キリスト教以前と以後の死者への見方の違い、が面白かった。ニコデモスの福音書には、死後の世界へ降りていって、賢者や義人を救出してくるキリストの話も。