最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つ

  • 66 読みたい
  • 13 現在読んでいるもの

発行元 じゃがバター .

    Download 転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つ 本 Epub や Pdf 無料, 転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つ, オンラインで書籍をダウンロードする 転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つ 無料で, 本の無料読書 転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  石化
    • シリーズ名:  転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つ
    • 発売日:  2020年07月11日
    • 出版社:  宝島社
    • 商品番号:  7225000089708
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    第7回ネット小説大賞受賞作! 工事の最中にご神木の下敷きになって死んだ俺は、神様によって転生させられた。しかし、異世界ではなく縄文時代。しかも杉。ス○イツリーよりも高くならないと人間に戻してもらえないらしい。俺は脆弱な土壌や富士山噴火に苦しみながらも、なんとか200メートルまで大きくなった。だが、戦争(平将門の乱)により火をつけられ、燃え落ちてしまうのだった。目を覚ますと、また縄文時代に戻っていた。神様にいくらなんでも無理ゲーすぎる、と訴えたら、ファンタジー能力を授けてくれた。これならいける。葉っぱを飛ばして経絡秘孔をつき、200度の温度に耐えられる樹皮を手に入れ、可愛い女の子の部下も手に入れた杉。俺はいつしか日本を代表する杉、大和杉と呼ばれるようになっていた。笑撃の転生歴史ファンタジー、開幕!

あなたも好きかもしれません

転生したら杉でした 目指せ樹高634m! 俺は歴史を眺めて育つ by じゃがバター ダウンロード PDF EPUB F2