最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

闘魂外交 ─ なぜ、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか?

  • 53 読みたい
  • 51 現在読んでいるもの

発行元 アントニオ猪木 .

    Download 闘魂外交 ─ なぜ、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか? 本 Epub や Pdf 無料, 闘魂外交 ─ なぜ、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか?, オンラインで書籍をダウンロードする 闘魂外交 ─ なぜ、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか? 無料で, 本の無料読書 闘魂外交 ─ なぜ、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか?オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 闘魂外交 ─ なぜ、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか? 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  アントニオ猪木
    • 発売日:  2014年08月29日
    • 出版社:  プレジデント社
    • 商品番号:  4770020910000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「お前ら、一回バカになれ!」

    アントニオ猪木が考える“本当の外交”が今ここに明らかに。


    1989年に「スポーツ平和党」を結成し国会議員になってから、

    「スポーツを通じた国際交流」を続けるアントニオ猪木。

    なぜイラク、パキスタンなど、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか。

    なぜ登院資格を1ヵ月停止されてまで北朝鮮に訪朝するのか?


    少年時代のブラジル移住、プロレスラーとしての壮絶な日々、新人議員を待ち受ける困難……、

    リングを変えながら闘い続けるアントニオ猪木が、その半生を通して外交の真髄を語る熱い1冊。


    「アントニオ猪木参議院議員には、人の魂をつかまえる特殊な才能がある」と語る

    元外務省主任分析官・佐藤優氏による『アントニオ猪木外交について』を巻末に収録。


    【目次より(抜粋)】

    ◆1 北朝鮮で築いてきた仲裁の「きっかけ」

    ~対話を求めるメッセージを、いかに受け止めるか

    ・38度線で雄叫びをあげた力道山、彼の無念を晴らしたかった

    ・緊迫した状況だからこそ活きる「猪木流」対話術

    ・たとえ危険な匂いがしても、面白いことには乗るべき

    ・私は、仲裁の「きっかけ」を作っているだけ

    ・「アントニオ猪木」というコネをなぜ使わないのか


    ◆2 ブラジルでの命をかけた「国際体験」

    ~未開の地でプロレスに出会うまで

    ・ブラジル移住は、ほんの小旅行気分だった

    ・手の皮が剥けても、どこにも逃げ場などない

    ・最愛の「恋人」との再会が、私に気づかせてくれた

    ・スーツケースひとつで飛び込んだ、プロレスの世界


    ◆3 イラクでの「人質全員奪還」

    ~どうやって「平和の祭典」を開催したのか

    ・議員1年生の私に降り掛かった、手荒い洗礼

    ・視察と観光をはき違えた人間の言うことなど、聞く必要はない

    ・まずは溜まった膿を全部吐き出させる。それが私の外交である

    ・猪木潰しに躍起になるマスコミ、官僚

    ・人質解放のカギとなった「平和の祭典」、失敗は許されない

    ・空爆の中食べた焼きそばは、最高の誕生日プレゼントだった


    ◆4 ロシア流「酒のデスマッチ」で懐に飛び込む

    ~まずは溜まった膿を全部吐き出させるのが交渉の肝

    ・「やめろ」とは、私に一番言ってはいけない言葉である

    ・男と認め合うためには、酒のデスマッチは必要なのだ

    ・理念を実現するには、私が政治の場に立つことも必要だと感じ始めていた


    ◆5 キューバ・カストロ議長と続く「交流」

    ~日本人国会議員として初めて訪問する

    ・裸でぶつかれば必ず何かが返ってくる、それが人間である

    ・リング、革命、ともに闘う男


    ◆6 パキスタンと30年続く、切れない「縁」

    ~なぜ、平和のために足を運び続けるのか

    ・世界一強いと自惚れていた私に、挑戦状を叩きつけたのはパキスタンの英雄だった

    ・因縁のあるパキスタンだからこそ、私が行かねば誰が行くのだ

    ・踏み出さなければ、道もない。真の平和もない

    ・過激派だろうが、誰しも心では平和を望んでいるのだ


    ◆『アントニオ猪木外交について』佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

あなたも好きかもしれません

闘魂外交 なぜ、他の政治家が避ける国々に飛び込むのか? by アントニオ猪木 ダウンロード PDF EPUB F2