最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

  • 37 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 安藤達朗 .

    Download 僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 本 Epub や Pdf 無料, 僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意, オンラインで書籍をダウンロードする 僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 無料で, 本の無料読書 僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  池上彰, 佐藤優
    • 発売日:  2016年12月16日
    • 出版社:  東洋経済新報社
    • 商品番号:  4650459101001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【遂に出た!2人が毎日やっている「最強の読み方」最新の全スキルが1冊に!】 

    【予約殺到!事前注文多数!発売前から、もう7万部突破!】


    ★池上彰氏、佐藤優氏は毎日「何を」「どう」読んでいるのか?

    ★どうすれば、彼らのように「自分の力で世の中を読み解ける」のか?

    ★「新聞1紙5分」「月平均300冊の読書」はどうすれば可能か?

    ★「スマホ」「アイパッド」「新聞電子版」「dマガジン」はどう使いこなすか?


    ■2人の「アイフォン&アイパッド画面」もカラー写真で公開(巻頭カラー16ページ)

    ■「研究室」「仕事場の本棚」「仕事アイテム」「愛用グッズ」の写真も完全公開


    「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?

    そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?


    みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!


    《本書の5大特色》

    【1】2人の「読み方の最新全スキル」が1冊に

    ■これだけ読めば、全ノウハウがわかる


    【2】「普通の人ができる方法」をやさしく具体的に解説

    ■今日からできる!これなら続けられる!「超実践的な技法」を紹介


    【3】「重要ポイント」がひと目でわかり、読みやすく、記憶にも残る

    ■「70の極意+総まとめ」「重要箇所は色付き」だから、わかりやすく、読んだら忘れない


    【4】とにかく内容が具体的ーー「おすすめサイト全一覧」から「新聞・雑誌リスト」「おすすめ本」まで紹介

    ■「何を、どう読めばいいの?」知りたい情報・答えが、すべてこの1冊に


    【5】2人の仕事グッズも完全公開!見るだけで参考になる!

    ■「巻末カラー」16ページ!「特別付録」は3つも収録! 巻末では「人から情報を得る技法」まで解説! ここだけでも面白すぎる!


    「知の源泉」をここまで公開したのは本書が初!

    2人の「共通点」と「違い」が面白い!


    この本で、自分なりの「最強の読み方」を身につけよう!


    【主な内容】

    はじめに 池上彰

    序章 僕らが毎日やっている「読み方」を公開

    第1章 僕らの新聞の読み方ーーどの新聞を、どう読むか。全国紙から地方紙まで

    【コラム1】海外紙・夕刊紙・スポーツ紙の読み方

    第2章 僕らの雑誌の読み方ーー週刊誌、月刊誌からビジネス誌、専門誌まで

    【コラム2】海外雑誌の読み方

    第3章 僕らのネットの使い方ーー上級者のメディアをどう使いこなすか

    【コラム3】テレビ・映画・ドラマの見方、使い方

    第4章 僕らの書籍の読み方ーー速読、多読から難解な本、入門書の読み方まで

    【コラム4】ミステリー・SF小説の読み方

    第5章 僕らの教科書・学習参考書の使い方ーー基礎知識をいっきに強化する

    【コラム5】海外の教科書と「スタディサプリ」の使い方


    【特別付録1】「人から情報を得る」7つの極意

    【特別付録2】本書に登場する「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」「映画・ドラマ」リスト

    【特別付録3】池上×佐藤式 70+7の極意を一挙公開!

    おわりに 佐藤 優

あなたも好きかもしれません

僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 by 安藤達朗 ダウンロード PDF EPUB F2

恐らく、普通のサラリーマンには、時間、費用、意欲、意義の観点から全て真似をして実践はムリだろうと思いながら読みました。限られた時間という資源を配分するという観点で、情報収集、アウトプットをしたいものです。お二人共場面ごとに何をするかと事前に決めてあるというのが印象的でした。例えば移動時間は、読書と新聞を読む時間と決めておけばスマホでザッピングの誘惑から逃れられます。
◯新聞は二紙を比較して読む。
私個人的にメインは「日経新聞」で、朝起きるとスマホで一面とキーワード設定した記事を読みます。その後、帰宅時には紙面を通勤列車で読みます(会社で購入している)。朝の通勤時には英字新聞(シンガポールのフリーペーパー)を読んでいます。アドバイスに従って、もう一紙読みたいのですが、時間と場所を決めないと継続は難しそうです。とりあえず、毎日と産経のアプリはダウンロードしました。投票の時に困らないように、保守とリベラルの両方の記事を読みたいものです。
◯アウトプットを意識して、インプットの質が高まる。
私は書籍について、書評をアマゾン、楽天で公開することを目的に読むようにしています。書籍は図書館で借りることが多いので、気になった箇所はカメラで撮って、読後の書評の時に読み返しています。アウトプットが無い読書や情報収集は余り意味があるとは思えず、モチベーションも高まりません。図書館でない本は、楽天などの電子書籍を購入しハイライトをつけながら読んでいます。昔は紙の書籍派でしたが、購入後にほとんど読み返さないことが分かり、電子書籍に替えました。10~20歳代であれば、是非本は購入して、線を引いたりコメントをしながら読むことをオススメします。40歳以降は読み返す時間もないことから、必要事項のみ書評やエバーノートなどの保存をすればいいと思っています。
◯ネット断食をする。
池上氏、佐藤氏もネット断食をするようにしているというのが印象的でした。スマホのお陰で常時接続になり、SNSやニュースサイト、ネットサーフィンの誘惑が非常に強いです。佐藤氏が今でも電子辞書を使っている理由の一つは、ネットサーフィンの誘惑を避けるためだそうです。私も、朝から昼間は常時接続、帰宅後はネット断食をして、家族との会話の時間と読書などのインプットを増やそうと思います。
二人の知識人の仕事術に関する対談をまとめた本。情報収集はあくまで手段のビジネスマンが、それを本業とする(つまり目的としている)二人のやり方を全て真似るというのは、不可能というか意味がない。作家やジャーナリストになりたいのでなければ、ニュースや基礎知識を追うのにお勧めの新聞、雑誌は何か、基礎知識をつけるのに手っ取り早い書籍は何か、の参考にする程度がちょうどいいだろう。