最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

三日月が円くなるまで 小十郎始末記 (角川文庫)

  • 77 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 宇江佐真理 .

    Download 三日月が円くなるまで 小十郎始末記 (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 三日月が円くなるまで 小十郎始末記 (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 三日月が円くなるまで 小十郎始末記 (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 三日月が円くなるまで 小十郎始末記 (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 三日月が円くなるまで 小十郎始末記 (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  宇江佐 真理
    • レーベル:  角川文庫
    • 発売日:  2013年01月31日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330027078000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    仙石藩士・刑部小十郎は、藩の御長屋を出て、江戸市中の借家に居を移した。仙石藩はかねてより隣接する島北藩と不仲だったが、仙石藩主が島北に面子を潰される事件「檜騒動」が勃発、小十郎の朋輩・正木庄左衛門は義憤に駆られ、藩主の汚名をそそごうとしていた。小十郎は、その助太刀を命じられたのだ。大家である古道具屋・紅塵堂の娘・ゆたとの淡い恋をはじめ、人情篤き人々に囲まれた、ほろ苦く切ない江戸の青春時代小説。

あなたも好きかもしれません

三日月が円くなるまで 小十郎始末記 (角川文庫) by 宇江佐真理 ダウンロード PDF EPUB F2