最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

初めてのディープラーニング

  • 10 読みたい
  • 11 現在読んでいるもの

発行元 太田満久 .

    Download 初めてのディープラーニング 本 Epub や Pdf 無料, 初めてのディープラーニング, オンラインで書籍をダウンロードする 初めてのディープラーニング 無料で, 本の無料読書 初めてのディープラーニングオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 初めてのディープラーニング 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  足立悠
    • 発売日:  2018年07月18日
    • 出版社:  リックテレコム
    • 商品番号:  5591218099200
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    本書は「これからディープラーニングを学びたい」と考えているIT エンジニアの方々を対象にしています。そして、ディープラーニングの手法を理解し、自分で実装できるようになることを目指します。

     ディープラーニングを初めて学ぶITエンジニアは、2つの障壁を越えねばなりません。一つは「ディープラーニングの手法」、特に、理論を説明する数式が難解なこと。もう一つは「どうやって使うのか、実装方法が分からない」ことです。

    ■数式なしで理論を理解

     そこで本書は、是非知っておきたい3つの手法、即ち、(1)全結合のニューラルネットワーク、(2)畳み込みニューラルネットワーク(CNN)、(3)再帰型ニューラルネットワーク(RNN)のみに話題を集中。IT エンジニアなら抵抗感なく読めるように、数式を一切使わず、気鋭のデータサイエンティストが丁寧に理論を解説します。

     実装については、Google社のディープラーニング・フレームワークTensorFlowに注目。TesorFlowと完全互換性があり、かつ、TesorFlowよりも初心者に適したTFLearnライブラリを使うことで、Python 3による実装を体験します。実装環境の構築方法も一から説明し、サンプルコードには逐次解説を加えました。

     第1章では、機械学習とディープラーニングの概要、実装ライブラリについて説明します。

     第2章では、TFLearnを使った実装環境を構築し、ツールの使い方を学びます。

     第3章では、全結合のニューラルネットワークの仕組みを理解した後、手書き文字画像のMNISTデータセットを使って、画像の分類問題を解いてみます。

     第4章ではCNNを解説した後、再度、MNISTデータを分類。また、JPEG等の一般的な画像の分類も行います。

     第5章では、時系列データに適したRNNの仕組みを理解した後、対話テキストの分類に挑戦。ここでもMNISTの分類を行ってみます。

     本書に沿って体験学習を進めれば、ディープラーニングの手法を無理なく理解でき、手を動かして実装できるようになるでしょう。

あなたも好きかもしれません

初めてのTensorFlow──数式なしのディープラーニング by 太田満久 ダウンロード PDF EPUB F2