最後に編集されたのは 管理者
20.01.2021 | 歴史

フェロモン探偵 蜜月のロシア 【電子特典付き】 (講談社X文庫)

  • 26 読みたい
  • 86 現在読んでいるもの

発行元 丸木文華 .

    Download フェロモン探偵 蜜月のロシア 【電子特典付き】 (講談社X文庫) 本 Epub や Pdf 無料, フェロモン探偵 蜜月のロシア 【電子特典付き】 (講談社X文庫), オンラインで書籍をダウンロードする フェロモン探偵 蜜月のロシア 【電子特典付き】 (講談社X文庫) 無料で, 本の無料読書 フェロモン探偵 蜜月のロシア 【電子特典付き】 (講談社X文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 フェロモン探偵 蜜月のロシア 【電子特典付き】 (講談社X文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  丸木文華
    • イラスト:  相葉キョウコ
    • レーベル:  講談社X文庫
    • シリーズ名:  フェロモン探偵
    • 発売日:  2020年02月04日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000066500
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【電子書籍には特典としてカバーイラスト・SSを収録】

    兄・拓也の隠し子騒動がきっかけで、これまで没交渉だった実家にたびたび足を踏み入れるようになった映。すべてを捨てたつもりが雪也との出会いが心に変化をもたらしたのだった。父・一馬ともぶっきらぼうながら話をするようになった映に、父は襖絵を描いてくれないかと持ち掛ける。古くからの友人でロシアの富豪・ピョートルの還暦に合わせて彼の自宅飾るものだという。自らの気持ちの赴くまま絵を描いてみたくなった映は、その依頼を引き受ける。しかし、映にはひとつの目論見があった。ピョートルの一人息子で美少年のヴァレリーが18歳という“美味しい”年頃になったことを思い出したのだ。映が筆を持つことを喜びつつ、なにやら不穏さを感じとった雪也は、当然の如く同行を申し出る。かくして二人はハネムーンさながらロシアに飛び立った。しかし、富豪の邸宅では大きなトラブルが映と雪也を待ち構えていたのだ……。

あなたも好きかもしれません

フェロモン探偵 蜜月のロシア 【電子特典付き】 (講談社X文庫) by 丸木文華 ダウンロード PDF EPUB F2