最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

忘れ残りの記 (吉川英治歴史時代文庫)

  • 66 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 吉川英治 .

    Download 忘れ残りの記 (吉川英治歴史時代文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 忘れ残りの記 (吉川英治歴史時代文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 忘れ残りの記 (吉川英治歴史時代文庫) 無料で, 本の無料読書 忘れ残りの記 (吉川英治歴史時代文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 忘れ残りの記 (吉川英治歴史時代文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉川英治
    • レーベル:  吉川英治歴史時代文庫
    • シリーズ名:  忘れ残りの記
    • 発売日:  2012年11月14日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000004500
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    厳父の家業失敗により、著者は11歳で実社会に抛り出された。以来、印章店の小僧、印刷工、給仕、小間物の行商、港の船具工など、幾多の職業を経験し、浮世の辛酸をなめ尽す。幼いながら一家の大黒柱としての自覚、また逆境に芽生える思慕の情、隆盛期の横浜が少年の著者に投げかけた強い色彩ーーその波瀾に富んだ少年期を回想した自叙伝であり、吉川文学の原点でもある。

あなたも好きかもしれません

忘れ残りの記 (吉川英治歴史時代文庫) by 吉川英治 ダウンロード PDF EPUB F2