最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義

  • 18 読みたい
  • 5 現在読んでいるもの

発行元 翁長 雄志 .

    Download 沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義 本 Epub や Pdf 無料, 沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義, オンラインで書籍をダウンロードする 沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義 無料で, 本の無料読書 沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  翁長雄志, 寺島実郎, 佐藤優, 山口昇, 朝日新聞取材班
    • シリーズ名:  沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義
    • 発売日:  2016年03月04日
    • 出版社:  朝日新聞出版
    • 商品番号:  4913477520001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    米軍基地をめぐって沖縄と本土の間にはなぜ溝があるのか。沖縄では独立論もささやかれ始めている。今もっとも注目される翁長雄志・沖縄県知事の発言をはじめ、寺島実郎、佐藤優、山口昇氏との討論を収録。歴史、軍事、経済からみたホットな沖縄論。

あなたも好きかもしれません

沖縄と本土 いま、立ち止まって考える辺野古移設・日米安保・民主主義 by 翁長 雄志 ダウンロード PDF EPUB F2