最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

ひとつ海のパラスアテナ2 (電撃文庫)

  • 44 読みたい
  • 38 現在読んでいるもの

発行元 鳩見 すた .

    Download ひとつ海のパラスアテナ2 (電撃文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ひとつ海のパラスアテナ2 (電撃文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ひとつ海のパラスアテナ2 (電撃文庫) 無料で, 本の無料読書 ひとつ海のパラスアテナ2 (電撃文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ひとつ海のパラスアテナ2 (電撃文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鳩見 すた, とろっち
    • レーベル:  電撃文庫
    • シリーズ名:  ひとつ海のパラスアテナ
    • 発売日:  2015年07月22日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4335069900300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「大丈夫。助けはきっと来るよ」 見渡す限りの水平線(ホライゾン)。浮き輪もなしで波間に漂う少女・アキと、もう一人。疲労は、限界だった。『溺死』という不吉な二文字が、脳裏をよぎる。「……来ないと、思います」 波間にぽつんとたゆたう二人。海と空。二色の青しか存在しない現代(アフター)で、漂流者を助ける者は漂流者自身しかいない。 「大丈夫。絶対助かるよ」 「助かりません」 二人の周囲には、海面から太いケーブルが脱出を遮るように突き出し、漏電によって稲妻のように輝いていた。ケーブルの上には、獲物の命が尽きるのを待つ猛禽の眼もあった。 少女が悟ったように、微笑みながら言った。 「助けは『絶対に』来ないんです。ここは……セントゥリア海峡ですから」 絶望的な状況の中でーー二人の「生きるための戦い」が、始まる。

あなたも好きかもしれません

ひとつ海のパラスアテナ2 (電撃文庫) by 鳩見 すた ダウンロード PDF EPUB F2