最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

鹿鳴(はぎ)の声~隅田川御用帳(十二)~ (光文社文庫)

  • 49 読みたい
  • 47 現在読んでいるもの

発行元 藤原緋沙子 .

    Download 鹿鳴(はぎ)の声~隅田川御用帳(十二)~ (光文社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 鹿鳴(はぎ)の声~隅田川御用帳(十二)~ (光文社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 鹿鳴(はぎ)の声~隅田川御用帳(十二)~ (光文社文庫) 無料で, 本の無料読書 鹿鳴(はぎ)の声~隅田川御用帳(十二)~ (光文社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 鹿鳴(はぎ)の声~隅田川御用帳(十二)~ (光文社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  藤原緋沙子
    • レーベル:  光文社文庫
    • シリーズ名:  隅田川御用帳
    • 発売日:  2017年11月24日
    • 出版社:  光文社
    • 商品番号:  4484803650012
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「亭主のなにもかもが嫌になった」ーーそう言って「慶光寺」に駆けこんできた小間物屋の女房、おはつ。御用宿「橘屋」の女主人のお登勢と用心棒の塙十四郎は事情を調べるが、一向におはつが不満を持つに至った理由が分からない。しかし、おはつには人に言えない過去があったーー。(「ぬくもり」) 涙を堪えきれない表題作など三編を収録。著者の代表シリーズ第十二弾。

あなたも好きかもしれません

鹿鳴(はぎ)の声~隅田川御用帳(十二)~ (光文社文庫) by 藤原緋沙子 ダウンロード PDF EPUB F2