最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

超金融緩和の時代 「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり

  • 89 読みたい
  • 33 現在読んでいるもの

発行元 武者陵司 .

    Download 超金融緩和の時代 「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり 本 Epub や Pdf 無料, 超金融緩和の時代 「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり, オンラインで書籍をダウンロードする 超金融緩和の時代 「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり 無料で, 本の無料読書 超金融緩和の時代 「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わりオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 超金融緩和の時代 「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  武者陵司
    • 発売日:  2014年09月26日
    • 出版社:  日本実業出版社
    • 商品番号:  5230000000056
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2013年6月に発行された、話題の書の電子書籍版。

    史上最高値をつけた米国ダウ、円安が加速した為替市場、かつての低迷を脱した日経平均など、世界経済の新たなトレンドの本当の意味はどこにあるのか? リーマンショック後、悲観論が吹き荒れるなか、唯一、楽観主義の論陣を張り続けた、元ドイツ銀行副会長で、米国経済分析の第一人者である著者が明快に読み解く!

    米国FRBが先駆けて、ECB(欧州中央銀行)、黒田日銀が追従した、中央銀行による大胆な金融緩和。多くの識者は、これを緊急避難的な措置、あるいは破滅を招きかねない中央銀行の堕落というが、著者の見解は異なる。過去の歴史においても、産業革命などにより大きく経済が発展するときには、金本位制からの転換など、その規模に応じたマネーの増大が不可欠だった。今回の動きはまさに「証券本位制」への歴史的転換による資本主義再生だとする。

    「現下の経済状況の不安定さは、情報技術革命による圧倒的な生産性の向上がもたらした一時的なヒト余り、カネ余りにすぎない。これらの余った資源が新たな経済領域に配分されることにより経済は大きく発展する」ーー。そうした新たな経済潮流にどう対応をすべきなのか、本書が明らかにする。

あなたも好きかもしれません

超金融緩和の時代 「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり by 武者陵司 ダウンロード PDF EPUB F2