最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

人間革命7

  • 24 読みたい
  • 54 現在読んでいるもの

発行元 池田大作 .

    Download 人間革命7 本 Epub や Pdf 無料, 人間革命7, オンラインで書籍をダウンロードする 人間革命7 無料で, 本の無料読書 人間革命7オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 人間革命7 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  池田大作
    • シリーズ名:  人間革命
    • 発売日:  2014年01月30日
    • 出版社:  聖教新聞社
    • 商品番号:  9784412506701
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(7巻概要)昭和28年、戸田は7万世帯の達成へ、年間5万世帯の折伏を掲げた。そのために、まず抜本的な人事と、支部中心から地区中心への指導体制の移行が行われた。山本伸一も第1部隊長に就任し、さらに文京支部長代理となり、信心の団結をもって、弱体の支部を一変させていく。学会前進の原動力となったのは、戸田の「方便品・寿量品」の講義であった。自らの原点たる獄中の悟達に基づき、日蓮仏法の精髄を会員に説いた。我が身が妙法なることを、生命の永遠を、仏法即生活をーーその感動と確信が同志の弘教に拍車をかけたのである。また戸田は、男子部に水滸会、女子部に華陽会という人材グループをつくり、次代の指導者の育成に生命を削っていく。なかでも水滸会は、伸一を中心に、師とともに宗教革命に生涯を捧げることを誓い合う。11月には学会本部が信濃町に移転し、次の飛躍の基盤も整った。(7巻目次)飛翔/原点/翼の下/水滸の誓/匆匆の間

あなたも好きかもしれません

人間革命7 by 池田大作 ダウンロード PDF EPUB F2

久しぶりに、電子書籍でこの本を読み返しました。
以前読んだときの感動は、少し薄れましたが、満足のいく物です。
元気が出ます。
win10になってから、PCでは読みづらくなりました。変更していただきたいと思います