最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

南洲手抄言志録 04 佐藤一斎略伝

  • 98 読みたい
  • 11 現在読んでいるもの

発行元 佐藤 一斎 .

    Download 南洲手抄言志録 04 佐藤一斎略伝 本 Epub や Pdf 無料, 南洲手抄言志録 04 佐藤一斎略伝, オンラインで書籍をダウンロードする 南洲手抄言志録 04 佐藤一斎略伝 無料で, 本の無料読書 南洲手抄言志録 04 佐藤一斎略伝オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 南洲手抄言志録 04 佐藤一斎略伝 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山田 済斎
    • 発売日:  2009年12月15日
    • 出版社:  青空文庫
    • 商品番号:  4810000048286
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    佐藤一斎の「言志四録」は「言志録」、「言志後禄」、「言志晩禄」、「言志耋禄」から成り、合計で1133条に至る。西郷隆盛(南洲)は「言志四録」から101条を選び、手元に置いて参照していた。秋月種樹(古香)は西郷の手抄本を借り出して、偶評を加えて、「南洲手抄言志録」として発行した。題字は山県有朋が揮毫し、勝海舟が南洲詠詩を付した。この書は1888(明治21)年5月17日に博聞社から発行されたものである。山田済斎は「南洲手抄言志録」を「西郷南洲遺訓」に収録する際に、漢文の偶評を反訳し、本文に訳を加えたのである。[文字遣い種別]旧字旧仮名[底本]西郷南洲遺訓[出版社]岩波文庫、岩波書店[初版発行日]1939(昭和14)年2月2日

あなたも好きかもしれません

南洲手抄言志録 佐藤一齋略傳 by 佐藤 一斎 ダウンロード PDF EPUB F2