最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記 (コスミック時代文庫)

  • 82 読みたい
  • 93 現在読んでいるもの

発行元 誉田龍一 .

    Download 将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記 (コスミック時代文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記 (コスミック時代文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記 (コスミック時代文庫) 無料で, 本の無料読書 将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記 (コスミック時代文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記 (コスミック時代文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  誉田龍一
    • レーベル:  コスミック時代文庫
    • シリーズ名:  将軍を蹴った男
    • 発売日:  2017年09月08日
    • 出版社:  コスミック出版
    • 商品番号:  4914636410001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    征夷大将軍──幕府の長であるこの将軍は、全国の武士を従える棟梁でもあった。よって、この位をめぐり徳川家では度々、権力争いが起きている。だが、次期将軍の第一候補者でありながら、権利をあっさりと放棄した人物も実在した。上州館林藩主松平清武、その人である。清武は、三代家光の孫にして六代家宣の実弟という血筋。いわゆる直系男子であった。が、七代家継が危篤に陥った折、年齢や藩政の実績を理由に将軍就任を拒み続ける。これには、清武の真意があった。城に居ては庶民の目線を失う。長屋に暮らしながら悪人退治をしたかったのである。紀州から迎えた八代吉宗を市中から支え、享保の改革の片棒を担いだ清武……。熱く、波乱に満ちたその活躍を描く、期待の新シリーズ!

あなたも好きかもしれません

将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記 (コスミック時代文庫) by 誉田龍一 ダウンロード PDF EPUB F2