最後に編集されたのは 管理者
26.11.2020 | 歴史

親をボケさせないために、今できる方法 (扶桑社BOOKS)

  • 3 読みたい
  • 64 現在読んでいるもの

発行元 両@リベ大学長 .

    Download 親をボケさせないために、今できる方法 (扶桑社BOOKS) 本 Epub や Pdf 無料, 親をボケさせないために、今できる方法 (扶桑社BOOKS), オンラインで書籍をダウンロードする 親をボケさせないために、今できる方法 (扶桑社BOOKS) 無料で, 本の無料読書 親をボケさせないために、今できる方法 (扶桑社BOOKS)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 親をボケさせないために、今できる方法 (扶桑社BOOKS) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  藤田紘一郎
    • レーベル:  扶桑社BOOKS
    • シリーズ名:  親をボケさせないために、今できる方法
    • 発売日:  2020年06月19日
    • 出版社:  扶桑社
    • 商品番号:  4910000088701
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    70歳を過ぎたら、食生活は変える!

    認知症を防ぐ59の方法を網羅!


    「はじめに」より抜粋

    重大な事実があります。認知症は予防ができる病気だということです。認知症の予防は、食事と生活の中にあります。できることならば、本人が予防をしてくれたらいちばんよいのです。

    ですが、取り組んでいるけれども十分でない人も大勢います。そうしたときほど、子どもの助けがおおいに役立ちます。子どもが認知症という病気を理解して、一緒に予防を働きかけてくれたら、親にとってこれほど心強いことはないでしょう。


    目次

    第1章 親が70歳を過ぎたら「朝食」は抜いてもらう

    ・空腹時間を長くすると、脳細胞が若返る

    ・朝食の代わりに「MCTオイル」入りのコーヒーを飲ませて

    ・10年後には5人に1人は認知症

    ・親がボケやすいかは、若いころの体型でわかる

    ・認知症を防ぐ、朝と夜に飲む一杯の水

    ………etc.

    第2章 白い色の主食はやめてもらう

    ・認知症とは、脳の“糖尿病”である

    ・「3時のおやつ」に、あまいお菓子を食べさせてはいけない

    ・若いころのままの食生活を続ければ、“脳のゴミ”は増えていく

    ・「糖質制限」をしてもらうと、親がどんどん穏やかになる

    ・寿命80歳と100歳の人は、何が違うのか?

    ………etc.

    第3章 「辛いもの」「苦みのあるもの」を食べてもらう

    ・地中海料理を食べている人に、認知症が少ない理由

    ・ボケてもらわないために、薬味をいっぱい使う

    ・脳の血管に効く、ゆでないブロッコリー

    ・「米ぬかパウダー」にはボケを抑える力がある

    ・ボケ防止にとても効く、コーヒーと緑茶

    ………etc.

    第4章 親の「マイ乳酸菌」を知る

    ・親の便秘は認知症へのサイン

    ・「腸年齢」が若い親ほど、ボケにくい

    ・一人暮らしの親には、定期的に「酢キャベツ」を送ってあげる

    ・ボケにも長寿にもいい、味噌汁のすごい力

    ・もし親が意固地になってきたら、悪玉菌が増えています

    ………etc.

あなたも好きかもしれません

親をボケさせないために、今できる方法 (扶桑社BOOKS) by 両@リベ大学長 ダウンロード PDF EPUB F2