最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

おなかのおと (文春e-book)

  • 51 読みたい
  • 4 現在読んでいるもの

発行元 高山都 .

    Download おなかのおと (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, おなかのおと (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする おなかのおと (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 おなかのおと (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 おなかのおと (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  菊池亜希子
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2019年11月29日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005347
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    むぐむぐ、むしゃむしゃ、むふふのふ。

    「美味しい」って楽しくて嬉しくて、

    ちょっと切ない。


    大好きな食べ物のことを考えると、私のお腹はきゅるると鳴り、

    耳の根っこがきゅうっと痺れ、胸の奥がぎゅっと疼く。

    書きたいことは揚げたてのメンチカツの肉汁のごとく、

    はたまたもぎたての桃の果汁のように、

    次から次へと溢れ出してくるのだった。


    女優でモデルの菊池亜希子の子ども時代から母になった現在までの

    「食」にまつわるエッセイ集! 著者によるイラストも満載。


    *****


    階段裏でこっそり食べたお母さんの大きなおにぎり。中学の時、好きな人と下校途中で食べたあったかい肉まん。校則を破って、恋バナを咲かせながら食べた食堂のカツ丼。「がんばってね」と母からの紙切れが添えられた涙味のカップアイス。モデルだけど、どうしても食べたかったカロリー満載のスティックパン。役者の先輩に連れて行ってもらった居酒屋の衝撃的なハムカツ。修羅場で疲労困憊の時に食べるわたしの「仙豆」。ハロコン帰りのお出汁が心に沁みるうどん。「冷めちゃうから早く!」と寝ぼけまなこの夫を急かす朝食……などなど。

あなたも好きかもしれません

おなかのおと (文春e-book) by 高山都 ダウンロード PDF EPUB F2